家族のことを考える国際家族デー | hadanishea

2021/05/11 09:02

                           画像引用元(家族の国際デー | 無料のベクター (freepik.com)5月6日閲覧)

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
GWも終わり、気持ちも日常に戻りつつある今日この頃。
忙しなく過ぎる時間の中で、家族のことを考える機会が減っていませんか?

毎年5月15日は「国際家族デー」です。
日本ではあまりなじみがありませんが、1993年に国連総会によって定められました。
この日は各国が家族問題に対する認識や、家族関連の問題も取り組む能力を高めることを目的としています。

「国際家族デー」について国際連合広報センター、事務総長のメッセージを参考にさせていただき、以下のようにまとめました。

今世界中では比較的安定した社会であっても、家族は依然として暴力や差別、貧困との闘いを強いられています。
しかし、世界中の誰もが家族からケアを受ける必要があり、また、こうした必要が生じたときに誰もがケアを提供できるべきなのです。
あらゆる年齢の家族が世界に貢献できる能力を発揮できるような支えあう環境をつくり、持続可能な開発を進める決意を持つことが今私たちに求められていることなのではないでしょうか。

「国際家族デー」とは、世界中の人が家族のことを考えるために設けられた大切な日です。
おうち時間で家族と過ごす時間が長くなったから今だからこそその時間を大切にできるといいですね!