長野県の高校生 Ethiteriaさんインタビュー企画 [part1] | hadanishea

2021/08/05 23:10


エシカル消費について発信されている、

高校生の団体、Ethiteriaさん。http://ethiteria.peewee.jp/sample-page/

エシカル消費について考えてみませんか?


「高校生の、高校生による、高校生のためのエシカル消費情報メディア」をコンセプトに活動されていて、

発信内容が分かりやすくて、興味を持ちやすいものばかりです。



今回はそんなEthiteriaさんにインタビューをしてきました。


「高校生にエシカル消費をトレンドにしたい」


そう語るのは、Ethiteria運営の加藤さん。


加藤さんは長野県に住む高校生。

今日は加藤さんにEthiteriaのことやhadanisheaの感想などについて

たくさんお話を伺いました。

写真:BYCSメンバー浅山(右上)、結城(左上)とEtheteria運営の加藤さん(中央下)


part1では、Ethiteriaさんの活動内容魅力についてのインタビューをご紹介します💛


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


浅山BYCS広報担当。以下、浅山):Ethiteriaさんが活動を始めたきっかけを教えてください。


加藤(Ethiteria運営。以下、加藤):私がやっていたプロジェクトが発展して今のEthiteriaができました。

具体的には、長野県塩尻市にあるシビック・イノベーション拠点、

スナバhttps://www.sunaba.org/n1dojo)から始まりました。


そこのプログラムで、高校生が自分のプロジェクトを進めていくのを、起業家さんが支援してくださる

というものに参加してEthiteriaを立ち上げました。


浅山:エシカル消費を発信されていますが、エシカル消費に興味を持ったのはいつ頃ですか?


加藤:もともと環境問題に興味があり、所属している他の団体で、オンラインイベントなどを開催していくうちに

興味のある人しか集まってくれないという印象を持ちました。環境問題などにみんなが簡単にアクション出来て、興味を持てもらえる方法は何かを考えた結果、エシカル消費というものに出会いました。


自分が買っている製品を少し変えるだけで、貢献できるため、

これが広まればみんなが社会問題や環境問題に興味を持って行動する世の中になると考えたからです。


浅山:Ethiteriaさんの活動を始めるまでに大変だったことはありますか?

加藤:ウェブサイトの作り方や、アカウントのフォロワーさんの増やし方、記事の読者さんの増やし方を知りませんでした。

しかし、スナバの起業家さんに教えていただいたり、相談にのっていただいてなんとかできたので、

スナバの方々には本当に感謝しています。


浅山:それは心強かったですね。ホームページやインスタグラムがとてもおしゃれで、私たちももっと勉強しないとと思いました!


浅山:Ethiteriaさんの理念や活動するうえで大切にしていることを教えてください。

加藤:同世代である高校生のためにエシカル消費を発信するということです。

エシカル消費を発信されているメディアもありますが、大人向けのメディアが多い印象を受けて、

高校生でも身近にできるようなエシカル消費のヒントを紹介するように心がけています。


浅山:大学生になってエシカル消費について知る人も多いですよね。高校生にフォーカスを当てたのがとても新鮮ですね!



浅山:Ethiteriaさんの魅力を教えてください。

加藤:高校生にアプローチしたいので、インスタグラムの投稿をおしゃれで目を引くようなデザインにするように心がけています。製品のレビューも、高校生目線で高校生が知りたいことは何かを考えて発信しています。


写真:Ethiteriaさんが紹介している、サステナブルジュエリー


浅山:紹介をするうえで気を付けていること、工夫していることは何ですか?

加藤高校生の生の声を届けるということ、

知識を重視しすぎず製品自体の魅力を発信するようにしています。


例えば、環境問題についての知識は他のウェブサイトやニュースでも得られますが、私たちは、製品の魅力や買うことで貢献ができることを伝えています。

他のメディアの紹介を記事の最後にしているので、詳しい知識などが気になる人にはそちらを見てもらいたいと考えています。


浅山:なるほど!そうなんですね。投稿を見させてもらって気になっていたのですが、料理投稿の料理は誰が作っているのですか?


加藤:料理は全て私がやっています。

ビーガンスイーツを作るのが好きで、ビーガンスイーツだと環境負荷が普通のお菓子に比べて下がるので、発信しています。


浅山:ビーガンスイーツおいしそうですね!インスタグラムでもとても映えています!


加藤:ありがとうございます。生クリームなどを使っていないため、食べやすくておいしいです。


写真:ショートケーキ(加藤さん手作り)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


[part1]はいかがでしたか?

次回は


お楽しみに!

最後までお読みいただきありがとうございます。


Ethiteriaさんの情報はこちらから!

ホームページ:http://ethiteria.peewee.jp/sample-page/

インスタグラム:https://www.instagram.com/ethiteria_snb/